浮気に発展しやすい状況

パートナーの浮気は、どんなときでも悲しいものです。今回はふいに浮気に陥ってしまいそうなタイミングはどんなときなのか、まとめてみました。

1、同窓会

これはあるあるですね。昔の友人との集まりでお酒も入って、少し気持ちが大きくなる。ハメが外れる。さらには昔好きだったクラスメイトがいたりすると、浮気に発展しやすいです。

パートナーに同窓会は参加させない!ということまではできませんが、注意が必要な日ではあります。

 

2、妻の妊娠・出産

こんな幸せなタイミングでなぜ?と思われがちですが、妻の妊娠・出産の時期には男性の浮気が増える時期でもあります。

理由としては単純に性欲の処理、寂しさからくる場合もあります。妊娠・出産中だと里帰りする女性も最近では多いです。男性は一人になってしまうと、浮気しやすい環境にもあると言えるでしょう。

この場合は、出産後は戻ってきてもらいたいものですが、このまま本気になってしまうという男性もいます。

 

3、社内での残業

残業で浮気をされてしまっては、妻としては防ぎようがありません。しかし、実際に社内で2人きりでの残業を重ねるうちに、浮気・不倫に発展するケースもあります。

さらに社員旅行もあると、さらに危険なシチュエーション。家庭内では、旦那さんの仕事の話や仲間の話をよく聞くような関係を日ごろから作っておくといいかもしれません。

 

4、結婚式や二次会

結婚式や結婚式の二次会は、未婚者同士であれば出会いの場にもなるような環境です。既婚者の場合も、パートナーがいない席であれば、浮気をしてしまう可能性も少なくありません。

その日は初対面であっても、新郎新婦という共通の知り合いがいるわけですから、心が打ちとけるまでは早いです。お付き合いでの参加も多いですが、帰宅時間は約束しておいた方がいいかもしれませんね。

 

5、元恋人

これは確実に浮気になりやすい関係です。今はSNSでも簡単につながることができる時代です。全ての連絡先を消去したとしても、相手から連絡がきてしまったり、知りたくなくても近況を知ることができてしまったりもします。

パートナーの全ての元恋人を把握しておくことは難しいと思うので、普段から信頼のある関係を築いておくことが大切です。

 

 

パートナーの浮気は悲しいものです。もちろん、浮気しないパートナーに出会えることができれば素晴らしいですが、全ての人がそうもいきません。日ごろからパートナーとは深い信頼関係を築き、お互いに気持ちよく付き合えるようにしていきたいものです。

 

 

浮気をチェックするいくつかの方法

パートナーの浮気が気になっているというあなた。浮気をしているかも?と思うのには、何か理由があるはずです。

では浮気をするとパートナーには、どんな変化が現れるのでしょうか。一般的によく言われているいくつかの方法をまとめました。

1、スマホの管理方法

浮気の兆候として表れやすいのが、スマホについてです。スマホの扱い方やアプリ、ロックの有無まで浮気の兆候はさまざまです。まずは、スマホについてチェックしてみましょう。

電話が鳴っていないとき、部屋にいるときやテレビを見ているときのスマホの扱い方に要注意です。実は私も浮気をされたときに経験がありますが、普段はテーブルの上にスマホをおきっぱなしだった人が、トイレにまでスマホを持ち込むようになったのです。

以前までは無造作に置いていただけだったのに、なぜか持ち歩き率が高い。しかも家の中で持ち歩く。不自然なほどに。もう完全に怪しいですよね(笑)

トイレやお風呂の脱衣所までもっていくのは、画面を見られたら困るからです。

さらに以前まではロックをかけていなかった人が、急にロック設定をするというのもよくある浮気の兆候です。最近のスマホは指紋認証ができるので、寝ているうちにパートナーの指紋をあてて勝手にスマホのロック解除をするというつわものもいますが…。

まぁほとんどの場合は見たくないものを見てしまいます。パートナーのスマホを見る場合はそれなりの覚悟を。

 

2、態度が変わる

浮気をしていると急にパートナーの態度が変わったなと感じる人が多いです。これはケースによるのですが、優しくなる場合もあれば、冷たくなる場合もあります。

優しくなる場合の方がわかりやすく、単純にうしろめたいことがあるからですね。浮気を隠すために優しいことをしたりして、逆に怪しくなってしまうパターンです。

また冷たくなる人もいるそうで、一概に態度の変化については言い切れない部分もあります。子供がいるご夫婦の間では、子供に冷たい態度を取られて辛かったという体験談もあります。

3、大切にされていないと感じる

浮気をされていると感じる場合のほとんどは、総合的に大切にされていない、と感じるようです。

スケジュールをドタキャンされた、急に割り勘になった、ラインの返信が遅くなった、など、自分の優先順位が下げられているように感じることが多いです。

単純に「他に大切なものができたから」というように考えることができます。それは本当に浮気かもしれませんし、仕事が忙しくなったのかもしれません。そのときどきのケースで答えは違いますが、まずはご自身の勘を信じて、パートナーと向き合ってみてくださいね。

 

浮気調査の後に復縁することはできるの?

パートナーの浮気が原因で別れを選ぶこともあるでしょう。婚姻関係を結んでいる夫婦であれば、離婚ということになります。もちろん浮気をされたら必ずしも離婚をするということではなく、その後復縁しているカップルも多くいます。

では、プロの探偵さんに浮気調査をガッツリ依頼するレベルのガチの浮気ではどうでしょうか?浮気調査をわざわざお金を出してするということは、「証拠」がほしいからなのかな、と思う方も多いでしょう。

確かに、離婚を前提に考えている場合、「証拠」があれば慰謝料を多くもらえる可能性は高くなります。裁判でも勝てるような、きちんとした報告書が欲しいから、プロの方にお願いする、という考え方もありますね。

しかし中には、そこまでじゃないけど真実を知りたい。という方もいるでしょう。最近パートナーの様子がおかしい、離婚を考えているほどじゃないけど真実が知りたい、浮気相手から慰謝料だけとりたい…などなど希望は様々です。

浮気調査の依頼を受ける探偵社では、別れを望む場合と復縁を望む場合、どちらの方も安心して依頼することができます。浮気調査を依頼したら、絶対に離婚しなくてはいけない、というようなことはないのでご安心を(笑)

もし復縁を望む場合、真実を知りたいだけ、というような場合は、カウンセリングの時点で先にその意向を伝えておくといいでしょう。

あなたの希望の未来がやってきますように。

 

プロの探偵社は浮気調査に失敗するのか?

浮気調査を探偵さんにお願いしたのに失敗されることってあるの…?

数十万円という高額なお金を払って申し込みをしているので必ずやってくれると思われがちですが、実は失敗されたという経験がある人もいるようです。

最悪なパターンとしては、尾行中にターゲットに気付かれてしまうことです。

例えば車で移動している場合などは、まったく同じ車がピッタリと後をつけてくるとなんだか気持ち悪く、不自然さを感じますよね。浮気調査をする探偵さんの場合でも、車で尾行をする場合には何台もの車を使っての尾行になります。

自然に尾行をするには、準備はもちろん、お金や人が必要なことがわかります。

プロの探偵さんなら、ターゲットにバレずに調査をすることは当たり前。浮気調査の結果以前の問題ですよね。

 

そのような探偵社に依頼しないためにはどうしたらいいのか…。

探偵社の公式ホームページなどは、当たり前ですがいいことしか書いてありません。公式ホームページだけをみて、良い探偵社かどうかを判断するのは難しい作業だと言えるでしょう。

ただひとつ注意したいのは、その探偵社さんの料金形態ですね。

探偵社さんは料金形態がさまざまです。初めてだと、だいたいの相場となる値段もわかりにくい業界です。「高そう」というイメージはあるので、できるだけ安いところがいいな、なんて思う方も多いでしょう。

特に安いと感じる探偵社さんの料金の表記として、「成果がなければ調査費用0円」なんてところもあります。0円だなんて、すごいですよね。普通なら、納得する成果があろうとなかろうと、探偵さんが稼働していれば料金を支払わなくてはいけません。なので、これなら依頼者側の無駄がないかも!と思えますね。

でも、ちょっと冷静に考えてみてください。

成果が出ないとは、どういう状況でしょうか?例えば、浮気の疑いがあったとしても、結果「白」であれば、それはそれで調査の成果を出した状態だと言えます。

成果が出ないとは、調査に失敗するということ…?そんなふうに考えることはできないでしょうか。

さらに、この場合は納得していれば料金を支払うことになりますが、料金を支払う場合の細かい料金システムについては初見ではわかりません。もしかしたら、調査後には、高額な料金を請求されてしまうかもしれません。

浮気調査の探偵社さんを選ぶときには、料金や調査方法など必ず納得できるところに申し込みをしましょう。万が一、ターゲットに尾行を気づかれたりしたら、お金は無駄になるわ、信頼を失うわであなたには何も残らなくなってしまいます。